スパロボまとめ速報

ニュースサイトや2chのスーパーロボット大戦(スパロボ)シリーズに関する話題を記事にしてまとめています。

    カテゴリ: 議論

    1: 名無しさん必死だな 2019/04/17(水) 13:35:46.98 ID:fxnClWItK
    2018年1月からスタートしたTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』が放送2年目に突入した。
    とりわけ事前に注目されていた作品ではなかったが、放送が始まった直後から、今どき珍しいオーソドックスなロボットアニメとして、幅広い層から注目を集めた。

    また、主人公・速杉ハヤトのマニアック過ぎる鉄オタトークも話題を呼ぶことになった。
    ハヤト語る鉄道ウンチクは、本作が新幹線をメインに据えた理由が感じられるほどの説得力があり、こちらも作品の“本気”を感じさせる大きな要素となった。

    そして本気といえば、多くのファンを驚かせたのが、500系新幹線が『新世紀エヴァンゲリオン』とコラボした「500 TYPE EVA」の登場と、シンカリオンへの変形。
    TV放送時には、BGMにも『エヴァ』オリジナルの楽曲が用いられ、大きな話題を呼んだ。

    そしてなにより『シンカリオン』が魅力なのは、人と人とを繋ぐ“鉄道”をモチーフに、仲間どうしが、そして敵キトラルザスと自分たちが繋がれていく様子を丁寧に描いているからだ。

    このような『シンカリオン』はどのように生まれたのか。それはロボットアニメというジャンルにおいてどんな位置を占めているのか。
    また今回は、本作からロボットアニメの未来にも迫る。

    そこで、企画から携わる小学館ミュージック&デジタル エンタテイメントの山野井創プロデューサー、3DCGシーンの演出を手がける大畑晃一氏、
    様々なロボット作品のクロスオーバーを実現させている『スーパーロボット大戦』寺田貴信プロデューサーをお招きし、
    『シンカリオン』とロボットアニメを軸に、それぞれの視点から存分に語り合ってもらった。

    https://news.denfaminicogamer.jp/interview/190417a

    【『シンカリオン』×『スパロボ』鼎談!改めて考えるロボットアニメの面白さと『シンカリオン』の重要性 】の続きを読む

    518: それも名無しだ (ワッチョイ 9e02-8Xpw) 2019/02/23(土) 18:47:30.07 ID:uA4uSwDx0
    参戦すぐ資金つぎ込むユニットってもう決めてるか?
    T_ps4a

    【【スパロボT】参戦すぐ資金つぎ込むユニットってもう決めてるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ